FC2ブログ
金融業者

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沖縄県国頭村で作っている外間農産の沖縄ビーグよろしクゥゥ☆

祖先が残してくれたモダンインテリア外間農産の沖縄ビーグin国頭村 / 祖先が残してくれたモダンインテリア外間農産の沖縄ビーグin国頭村 / 祖先が残してくれたモダンインテリア外間農産の沖縄ビーグin国頭村

工芸士13人誕生 国東市

Category : ┗イグサ・畳表ニュース
七島イ 工芸士13人誕生 国東市


生産地が全国で国東市のみとなっている畳表の原材料「七島イ」を使い、円座やラグマットといった工芸品を作る「工芸士」13人が12日、同市に初めて誕生した。畳表にできない草を有効活用し、100%国産の商品として付加価値を付けて販売しよう―と「くにさき七島藺(い)振興会」(林浩昭会長)が養成してきた。生産者が年々減少する中、新たな七島イ産業の創出を目指す動きに関係者は期待を寄せている。

 国東市ではこれまでも中国などから輸入した七島イを使って工芸品を作っていたが、「畳表としては長さが不足していたり品質が良くなかったりで捨ててしまっていた地元産の草の利用が課題だった」(振興会の細田利彦二豊製畳社長)。
 もともと自然素材の円座は都市部の女性客などに好評で、「全て手作りの安全安心な国産品という面をPRすればさらに高い価格でも売れる。農家の経営安定に貢献できる」と考えた細田社長が、三つ編みなど基礎的な技術から学べる講座を昨年12月に始めた。
 厚生労働省の雇用創造推進事業を利用し、20~80代の計約70人が受講。さらに高品質な製品を作れる特別講座も開いて人材育成に力を入れ、全課程を修了した男女13人に同日、振興会から認定証が交付された。
 13人の顔触れは会社員、農業、主婦、自営業、農業手伝いなどさまざま。小さい頃に七島イ生産を手伝ったことがあるという越智栄子さん(68)=同市安岐町=は「もともと編み物好きで七島イにまつわる懐かしい記憶もあり、気軽な気持ちで受講した」。工芸士として、「さらに技術を身に付けてすてきな商品を作り、七島イ産業の発展に貢献できるよう頑張りたい」と意気込む。
 川野幸男副市長は「市の特産品として確立できるよう支援し、新たな雇用の創出にも期待したい」と話している。



関連記事
沖縄県国頭村で作っている外間農産の沖縄ビーグよろしクゥゥ☆

祖先が残してくれたモダンインテリア外間農産の沖縄ビーグin国頭村 / 祖先が残してくれたモダンインテリア外間農産の沖縄ビーグin国頭村 / 祖先が残してくれたモダンインテリア外間農産の沖縄ビーグin国頭村

テーマ : 沖縄ビーグ
ジャンル : ライフ

Comment

非公開コメント

まずはこちらを

外間農産:取り扱い品(畳表・島米)

外間農産とは沖縄ビーグとは

本土で一般的に行われる泥染めはしないために、青畳の風合いは感じられないが、泥の粉麈にまみれることはなく、無農薬で栽培されているので、非常にオーガニックな畳表である。

祖先が残してくれたモダンインテリア外間農産の沖縄ビーグin国頭村 / 祖先が残してくれたモダンインテリア外間農産の沖縄ビーグin国頭村
祖先が残してくれたモダンインテリア外間農産の沖縄ビーグin国頭村
↑Rankingに参加しています。
一日1クリックお願いします。

カテゴリ
プロフィール

moto3333

Author:moto3333
沖縄県国頭村にある小さな個人農家!!

沖縄ビーグの畳、琉球畳を沖縄ビーグでご希望の方は、お近くの畳屋さんまで宜しくお願いいたします。

希少価値のある沖縄ビーグ
その苗植えから収穫、織りと
すべてを手がけているビーグ農家

沖縄ビーグをメジャーに
そして、世界へを夢見ています。

そして、moto3333は
bigu designerを夢見て
日々前進中~です!!

FC2カウンター
2010年5月10日から
相互リンク
ブログランキングのなぅ順位


なぅ人気記事
ブログパーツ
facebook
모토댁
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。