金融業者

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沖縄県国頭村で作っている外間農産の沖縄ビーグよろしクゥゥ☆

祖先が残してくれたモダンインテリア外間農産の沖縄ビーグin国頭村 / 祖先が残してくれたモダンインテリア外間農産の沖縄ビーグin国頭村 / 祖先が残してくれたモダンインテリア外間農産の沖縄ビーグin国頭村

沖縄ビーグ市場の現状

Category : ┣沖縄ビーグ
最近、ある記事を偶然発見し
思い切って沖縄ビーグ市場に関して書いてみたいと思います。

参考資料(後継者不足でビーグ、ピンチ 生産最盛期の7.1%)

を読んでもらって
少し頭の中に沖縄ビーグの現状をインプットして貰えればと思います。

今回、書く内容のポイントとしては
ビーグ生産者の息子から見た目線のビーグ生産ビジネスの方針です。


では、スタートです…


約30年前の沖縄の家々は、畳部屋が多かったため畳表→畳の需要もありビーグ生産も賑わっていたようですが、現在のようにアパート、マンション等を初めとした建物で価格的に安く、手入れの簡単なフローリングが畳部屋よりも断然多くなってきています。
今では、畳部屋が一部屋あればまだマシなのが現状です。
(これは、沖縄だけではなく全国的にも見られるけいこうといってもよい)

ビーグ農家の悩みの一つである経営点問題。

世界的な原油高で、生産コストがかさんでしまい純利益が出にくいという点です。
ビーグ表の単価は30年前と殆ど変動がないのに比べ、以前とは比べようが無いほど現在は、生産コストが上がってきています。

その生産コストの主な内訳としては…
土壌作りのための肥料代、ビーグを刈り取るハーベスターの燃料代・メンテナンス代、ビーグを乾燥させる乾燥機の運転コスト、表にするための織り機の運転コスト、人件費が30年前とは比べ物にならないほど上がっており、特に石油系の出費は半端ではありません。

この石油系の出費をどうやりくりしていくかですが、一個人としてはどうすることも出来ないものであって
国、県、地域の協力なくしては現状況のまま運営していくのがやっとではないかと思います。

また、人件費もかかってしまうのがビーグ生産の問題点でもある。
ある程度の機械化は30年前と比べ断然進んできていますが、まだまだ手作業(重労働)が多いです。

ビーグの植え付けは今だに手作業で行われ、刈り取りは機械で行われますが人の手が必要な作業も多く、何よりも一番暑い沖縄の真夏日の中での野外作業になるために人を雇うことがとても難しいです。
(これは全国の農家の皆さんも悩みの種だと思います)


また、ビーグは太く丈夫なのが特徴ですが
その特徴を活かしながら長さも追求していかないといけません。

畳一畳のサイズは、小さいもので幅が85cmオーバーということは、
最低でもそれ以上の長さの品物を作らないと商品としては使用することが出来ません。
これは、生産者としての定めでもありますが沖縄と言う土地がら台風が多く、一番台風の多く来る時期と収穫が重なってしまうと言う点は、殆どの人が知らない生産者だけの悩みです。

これをクリアしてからビーグ表を織る工程がスタートして行くんです。

実際、長さの足りないビーグも少なくないのが現状です。
この短いビーグは、使用されること無く捨てられてしまっています。
この点に関しても今後、使用用途を考えていく必要性が十分にあると思います。
(これはビーグだけではなく畳市場にも言えることである)


このようなハードな作業をして行かないといけないために
沖縄ビーグの代表的な生産地でもある照間でも生産者高齢化、後継者不足が深刻なようです。


このように、年々薄れられていく伝統…
生産コストが上がるからといって価格を上げることも出来ない現状…
ビーグと似たイグサ、外国産のビーグの出現…


これが今のビーグ市場の厳しい実際の現状ではないでしょうか。

最近、琉球畳という畳が人気を集めているようですが、
その琉球畳というのは畳の種類??作り方??の一部であり
必ずしも沖縄ビーグを使用しているわけではないようです…
(間違っていましたらすみません)


でも、ここで沖縄ビーグにも一つの光が…

全国の中学校で武道の授業が必修化されることが決まったようです。
これはビーグ生産者・ビーグ表を使っている畳屋さんには朗報ではないかと思われます。
丈夫でがっしり、クッション性があり昔から柔道道場などの畳としても使用させていたと言われるビーグは、この取り組みに一番適しているものではないでしょうか?


でも、まだまだ、厳しい状況の沖縄ビーグ…

沖縄の方々にはもう一度この沖縄ビーグというもののあり方を見直してもらい、
本土の方々には沖縄ビーグの良さと言うものを認識して欲しいものです。




長文にはなりましたが、
最後まで読んでくれた方は有難う御座います。


関連記事
沖縄県国頭村で作っている外間農産の沖縄ビーグよろしクゥゥ☆

祖先が残してくれたモダンインテリア外間農産の沖縄ビーグin国頭村 / 祖先が残してくれたモダンインテリア外間農産の沖縄ビーグin国頭村 / 祖先が残してくれたモダンインテリア外間農産の沖縄ビーグin国頭村

テーマ : 沖縄ビーグ
ジャンル : ライフ

Comment

確かおうちに・・・

お初です^^
ぶっち~さんのお友達のやすりんです!
実は…ワタクシは貴方のところに研修に行っています!!
熊銘会と言う組織で、かれこれ10年前でしょうか??
まだ藺草を作ってらっしゃるんですね^^
お父様によろしくお伝えくださいm(__)m
って言っても、お忘れでしょうがf^^;

Re: 熊本は今植え付けです。

こんにちは。

夢は大きく世界進出なんですが…^^ 実際のところ全国展開もまだまだですね。
消費者の方がビーグを見る機会が少ないので、何が違うのかがわからず
手を出しにくいのが現状だと思います。

全国の畳屋さんと少しづつでも取引できれば一番良いんですけどね。^^

熊本は今植え付けです。

おはようございます。

8000枚の生産でやっと食える。というのが本音です。
私は地元問屋さん販売が2割、、消費地の材料商さん販売が5割、畳店さん販売が2割、農産物の生産者直売所にも畳の張り替えコーナーを持って消費者への直売もします。

今後も販売チャンネルを増やすつもりです。

昔は誰でも畳でしたが、今は畳が好きな方しか畳を使わなくなりました。
そんな方のニーズを捕らえた形にすれば、売れます。ビーグも近年根強いファンも居て、アピール次第では全国展開は可能だと思います。

今度ビーグも全国展開されるでしょ?


Re: 初めまして。

こんにちは。
8000枚生産ってスゴイですね。
和式離れと言われてますけど、やっぱりそれだけの需要はあるんですよね。
一緒に頑張っている方もたくさんいて羨ましいですよ~
ブログにも遊びに行きますんで
今後とも宜しくお願いします。

初めまして。

初めまして、熊本で藺草を2ha栽培し、畳表を約8000枚生産している農家です。

熊本の「熊銘会」(ネットで検索してね。)という生産者団体に所属し、47名の仲間といろんな取り組みを刺激的にやってます。

お互い悩みは同じ!
これからもよろしく!

livedoorブログ「稔エコの心」も良ければ覗いてみつください。

Re: 沖縄の畳表について

最近は畳部屋も少なくなってきているので、
昔のようにそこだけという販売ルートでは先が見にくいと思います。-.-

いろんな用途で使えるように開拓して行く必要があると思います。

やあちゃんさんのアドバイスも参考にして頑張って行きたいと思います。
ありがとうございました。

沖縄の畳表について

沖縄の表畳のフアンです。
あのしっかりした目地と縁の無い畳 大好きです。
お立ち寄りいただきました、ご縁で応援させて頂きたいです。
金銭面では出来ませんが。
大変なご苦労がおありでしょうが 丈の無いイグサは無用と拝見しましたが 畳み一畳の長さを規制しないでやればどうですか?
今はフローリングが多い中 サイズが色々有って良いと思います。
若い人を中心に、例えばヤフーのネットを利用し 販売路を設けてはいかがでしょうか。

Re: ビーグの記事を読んで

こんにちは。ブログ訪問有難う御座います。

これは、ビーグ農家・生産者というか僕の個人的な今後のビーグ市場について書いてみたものです。
昨日まで沖縄に戻っていたんですが、
ブログで紹介されていた
ジャスコ具志川店に行ってきました。

個人的には大きな発見が出来ました。

ビーグの記事を読んで

こんにちわ。海の文化資料館スタッフのズケです。
先日はブログへのコメントありがとうございました。
外間農産さんのビーグに関する記事も読ませてもらったんですが、生産者の方の率直な意見なので、説得力がり、とても勉強になります。
今回取材に行った照間のビーグ農家の方も同じ様な事を言っていました。(後継者不足、外国産の出現(沖縄産の定義とは...)、琉球畳?の事など)
もちろん沖縄産ビーグの良い面もたくさん教えてくれましたよ!

これからますます暑くなって作業も大変だと思いますが頑張ってください!

非公開コメント

まずはこちらを

外間農産:取り扱い品(畳表・島米)

外間農産とは沖縄ビーグとは

本土で一般的に行われる泥染めはしないために、青畳の風合いは感じられないが、泥の粉麈にまみれることはなく、無農薬で栽培されているので、非常にオーガニックな畳表である。

祖先が残してくれたモダンインテリア外間農産の沖縄ビーグin国頭村 / 祖先が残してくれたモダンインテリア外間農産の沖縄ビーグin国頭村
祖先が残してくれたモダンインテリア外間農産の沖縄ビーグin国頭村
↑Rankingに参加しています。
一日1クリックお願いします。

カテゴリ
プロフィール

moto3333

Author:moto3333
沖縄県国頭村にある小さな個人農家!!

沖縄ビーグの畳、琉球畳を沖縄ビーグでご希望の方は、お近くの畳屋さんまで宜しくお願いいたします。

希少価値のある沖縄ビーグ
その苗植えから収穫、織りと
すべてを手がけているビーグ農家

沖縄ビーグをメジャーに
そして、世界へを夢見ています。

そして、moto3333は
bigu designerを夢見て
日々前進中~です!!

FC2カウンター
2010年5月10日から
相互リンク
moto3333 twitter
ブログランキングのなぅ順位


なぅ人気記事
ブログパーツ
facebook
모토댁
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。